兵庫県

RESAS-APIの使い方

RESAS-APIの概要

RESASとは

RESASとは、日本・内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が運用している、産業構造や人口動態、人の流れなどに関する官民のいわゆるビッグデータを集約し、可視化を試みるシステムです。

RESAS-APIとは

地域経済分析システムRESASに搭載されている公的データについて、機械判読可能で、加工しやすい形式で取得できるAPI機能を提供しています。

RESAS-APIの利用方法

RESAS-APIを利用するためには、利用者登録してAPI_KEYを取得する必要があります。詳しくは下記サイトを参照してください。

Nuxt.jsで利用する準備

取得したAPI_KEYを環境変数として利用するために、.envファイルにAPI_KEYを設定します。

API_KEY='ここにAPI_KEYを記載'

RESAS-APIのデータを取得

API-KEYの設定

Vuexで利用する場合

Vuexを利用してRASAS-APIの兵庫県市区町村データを管理する場合は、store/index.jsでstate及びactions,mutations,gettersを設定します。

state

import { cloneDeep } from 'lodash' const initialState = { citySet: [], } // ShallowCopyを避けるため、lodashのcloneDeepを用いる。 export const state = () => cloneDeep(initialState)

getters

export const getters = { getCitySet(state) { return state.citySet }, },

mutations

export const mutations = { initCitySet(state, payload) { if (payload === null) { state = cloneDeep(initialState) } else { state.citySet = payload } }, },

actions

import axios from 'axios' export const actions = { async fetchCities({ commit }) { const res = await axios.get('https://opendata.resas-portal.go.jp/api/v1/cities?prefCode=28', { headers: { 'X-API-KEY': process.env.API_KEY, }, } ) if (res.data.result) commit('initCitySet', res.data.result) }, }